右脳な舞・左脳な迷

微笑 中動作誤に常正 くし楽も日今 ありがとう

生田絵梨花 伊藤万理華 齋藤飛鳥 白石麻衣 西野七瀬
山下美月  阪口珠美 1st写真集『青いバラ6/25発売

マンゼ&エガー リサイタル(トッパンホール)

J.S.バッハチェンバロとヴァイオリンのソナタ イ長調 BWV 1015
コレッリ/ヴァイオリンと通奏低音ソナタ ニ短調 Op.5-7
J.S.バッハ/調性的音律のクラヴィア曲集第1巻第8番 変ホ短調 BWV 853
バンドルフィ・メアリ/ソナタ Op.3 より
 第2番 ラ・チェスタ
 第6番 ラ・サッバティー
ビーバー/ロザリオのソナタ より 第1番『受胎告知』
J.S.バッハ/半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV 903
ビーバー/8つのヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 より 第3番
(アンコール)
ヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 より 第1楽章 アダージョ
J.S.バッハチェンバロとヴァイオリンのソナタ BWV 1019 より アレグロ

 アンドルー・マンゼ(ヴァイオリン)
 リチャード・エガー(チェンバロ

 刺激的で、且つ美しかった。
 こうして続けて聴くと、コレッリの明るさ、ビーバーの楽しさに比べ、バッハは如何にも真面目だ。 しかしもちろん夫々が各々美しく素晴らしい。
 アンコールの曲紹介でマンゼが『Ladies and Gentlemen 〜』と口を開いたが
 イギリスの方の発音ではやはり「ハンデル」に近い感じがする。
 ハンデルはドイツ生まれだがイギリスに帰化しているので
 偉大なイギリスの作曲家と言える。
 2人のイギリス人によるハンデルのアダージョは、極上の美しさだった。